児童書


チトくんと にぎやかな いちば

アティヌーケ/文 アンジェラ・ブルックスバンク/絵 さくまゆみこ/訳


ページ数: 32ページ
対象年齢: 3歳から
発売日:2018年03月31日
ISBN:978-4-19-864599-1
判型/仕様:29㎝
定価:本体1,600円+税

 内容紹介

チトは、お母さんといちばへやってきました。いちばは、とてもにぎやか。いちばのひとたちは、好奇心いっぱいのチトに、バナナやオレンジ、割ったココナツやおかしなどをくれました。チトはひとつずつ食べると、のこりの食べものをお母さんの頭の上のかごに、ぽいっ。でも、お母さんは買いものをしていて、きづかなくて…? ちいさなチトといちばのひとたちのやさしさが心に響く、読み聞かせにぴったりの絵本です。

 著者プロフィール

アティヌーケ
ナイジェリア生まれの児童文学作家。十代からイギリスで教育を受ける。民話や現代アフリカなどを題材にした作品を書いている。そのほかの著書に『アンナ・ハイビスカスのお話 アンナのうちはいつもにぎやか』(徳間書店)。

 著者プロフィール

アンジェラ・ブルックスバンク
児童書のデザイナー・アートディレクターとして務めた後、ケンブリッジ・スクール・オブ・アートで子どもの本について学び、学校や保育園で遊んでいる子どもたちを精力的に描いた。本作品がデビュー作。

 著者プロフィール

さくまゆみこ
東京生まれ。出版社勤務、教職などを経て、フリーの翻訳者・編集者に。JBBY会長、「アフリカ子どもの本プロジェクト」代表。著書に『エンザロ村のかまど』(福音館書店)、『どうしてアフリカ? どうして図書館?』(あかね書房)など。訳書に『宇宙への秘密の鍵』(岩崎書店)、『ブルンディバール』(徳間書店)など多数。